水漏れ修理に必要な資格

水漏れの修理を行うためには自治体の許可を取る必要があります。自治体に申請を出して水道局指定工事店との許可を得て、はじめて水漏れの修理を行うことができます。ホームページの業者の名称の上に水道局指定工事店と書かれているのは、自治体に許可を得ている証明になります。水道局指定工事店に指定されるには、給水装置主任技術者の資格が必要になります。さまざまな資料を提出することで、水道局指定工事店として認定されます。

■水道局の指定工事店

水道局指定工事店として許可を得るためには、自治体に申請を行わなければなりません。それぞれの自治体のホームページに、自治体が認めた水道局指定工事店の一覧が掲載されています。名称は自治体により多少違いがありますから、自治体のホームページにて確認してみましょう。水道局指定工事店には専属の給水装置工事主任技術者が在籍しており、水道 工事を行うために必要な機材を所有しているなどの条件が定められています。その条件をクリアした水道業者が、水道局指定工事店として水漏れ修理の依頼を受けることができます。非指定業者に工事を依頼してしまった場合は、水道法違反となることもありますから注意が必要です。自治体のホームページにて、水道局指定工事店を確認しておけば安心でしょう。

■上水道と下水道

水道局指定工事店は、上水道と下水道で分かれており、どちらか片方のみの指定業者ということもあるようです。上水道と下水道の違いですが、上水道は水道水などの飲み水を供給しています。下水道は、生活排水や雨水などの汚水を処理しています。上水道のみの指定業者も少なくありません。両方の指定を受けている業者であれば、家の中のあらゆる水漏れの修理に対応することができるでしょう。



■まとめ
水漏れ修理を依頼する場合は、自治体が許可している水道局指定工事店の中から選ぶようにしましょう。水道局指定工事店はひとつのエリアだけとは限らず、複数の県にまたがっている場合もあります。たとえば、東京都と千葉、埼玉と神奈川のように県をまたいでいる場合などは、それぞれの県で許可の申請が必要になります。自治体は、複数の水道局指定工事店から見積もりを取って、内容を比較検討することを推奨しています。水道局指定工事店に依頼すれば、自治体の認定を受けているため、何かあったときにトラブルになることを避けることができます。安心して修理を任せることができるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ